スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.09.06 Saturday
  • -
  • by LEMONs

attitude.

昨日3/25は僕の心より敬愛する、スピッツのデビュー20周年の日だった。

僕は、特に何もできないながら、一日中スピッツをさかのぼって聞いていたよ。
今日も、継続中。

スピッツとの出会いがなかったら、今こうしてブログなんて書いてなかったかもしれない。
かもしれない話をしても仕方ないけれど、つまりそれくらい大きな存在。

素直に感謝と、その足跡に拍手。

バンドを続けるって大変だ。
20年。
僕の歳から引いてしまったら、途端に少年に逆戻りな数字だ。

僕らは、これからその時間を辿れるのかな。
辿っていきたいと本当に思うし、そのために努力は惜しまず行きたい。
そして、無理もしないようにしよう。


今月末から、ライブ再開します。
もちろんバンドで。
来月頭のスケジュールも、問題なさそうです。

ハコやイベンターが義援金など、チャリティー的なことを考えているのだったら協力します。

でも、LEMONsとしては特に行う予定はありません。

僕らはバントも本気やってるけど、本気で日々仕事をしながら生活しています。
僕らは僕ら個人として、被災地のためにできることを考えてしていきます。
一人の人間として。
金も一丁前に生んでるし、社会にも参加している。

だから、バンドでできることは分けて考えたい。
LEMONsが今バンドとしてやらないといけないことは、自分の気持ちに嘘をつかないこと、バンドを続けること、ライブハウスに貢献すること。

音楽活動を縮小したり、営業を縮小したり、その影響はこの後顕著に出てくると思う。

今大変なことが起こっているけれど、俺は俺の人生を全うしたい。
そのために音楽を聴くことも、バンドをすることも必要なんです。
だから変わらずバントをしていたい、だからこの音楽活動を守りたい。

そして僕らが演奏できる場所を守りたい。

音楽が好きなみんなへ。
君たちが好きな音楽は、君たちなりに考えて守ってほしい。

チャリティーで体力がなくなっているハコとバンドだって、今後救済対象になりうること。

とりあえず、LEMONsにきたら、音源ほしかったらあげるからいってくれ。
俺らは手に職つけてちゃんと働いてるからそれくらいなんとかなる。

その金で、一杯多く飲んでください。


和賀



Be cool

前向きに、こんなときだからこそ、そんな言葉をつぶやきながら、みんななんとかこの状況を乗り越えようとしている。

暗い話をしてもしょうがない。
いやでも、ふと立ち止まって周りを見渡すと、とても気休めなんて言えない現実が広がっている。
本当は触れられていない、真実の惨状とか。

都心にいる僕らでさえ、一度商品棚を見ると、どれだけ今正常な機能が失われているか気付く。


被害が少ない僕らは、今何ができるか、を考えるのも大事だけれど、今自分に何ができないかも考えた方がいい。


ムリしてない?
節電しすぎて風邪ひいてない?最近寒いよ、本当に。
募金したそのお金、来月生活大丈夫?

できることはもちろんしたほうがいい。
でも、できないことはしなくていいと思う。

援助は、削れるムダとか、ちょっとした余裕でするべきだと思う。
切り詰めたり、絞り出すものではないと思う。


援助は犠牲であってはいけないと思う。

生きるか死ぬかの人は救いたい。
でも自分が死んではいけない。


誰もがきっと今冷静じゃない。
ちょっと落ち着こう。
状況をゆっくり把握しよう。深呼吸して。


都心は、今、正常じゃない。異常だよ。

だから、しっかり自分のできることできないことを把握しよう。
そして本当に今必要なこと、しなくてはいけないことを考えよう。

自分勝手に生きろって言ってんじゃない。
あらゆる意味で、自分を殺すなって言ってんだ。


手は取り合おう。
でもまず、生き延びよう。

命も、音も、場所も。


潰れんなよ。



和賀




Hello,how low.

朝から地球は随分と機嫌が悪いらしい。
もしくは調子が良すぎてテンションが上がってるのか。
どっちにしたって、もうそろそろ落ち着いてほしい。
Be cool.

なんだかみんなも随分と慣れてきたらしい。
人間の適応能力って結構大したもんだと思う。
このまま、半年も余震が続いたら、常に揺れることを前提にした社会が出来上がるんだろうな。
いや、3か月で十分なのかも。

油断は、禁物で。


昨日、4月5日のライブの詳細が届いた。
この日付をみてピンとくる人は、今度僕とがっつり握手をしよう。

ばかげているのかもしれない、でも一度はこの日にライブをしてみたかったから、正直楽しみにしている。
いつもより多めに踏んでしまうかもなぁ。

僕らには共通言語がある。
それだけで瞬時につながったような錯覚になれる。
どう考えたって、これは素晴らしいことだと思うんだ。

僕がビックマフを踏み続けるのには、溢れるほど意味があるんだ。


和賀

Cry rainy.

昨日から、雨。

いつもより濡れることに神経質な人も多いだろう。
何が正しいのが間違えているか、自分の五感で判断しよう。
その頭は飾りじゃないだろ。

今日は随分と寒い。
僕はといえば家にいますが、暖房をつけていないもので、寒い。間違いなく寒い。
家も、暗い。

電気というやつはすごいもんだ。
明かりというやつは偉大です。

人間やっぱり明るいと気持ちも明るくなるし、安心するみたい。
暗いと気分もなんだか沈んで、よくないことを考えたりする、みたいだ。

いつもより暗い街、なんだか人の表情も暗いような気さえする。

だからと言って、わかりやすくそれに引っ張られないでね。
僕は夜が大好きだし、薄暗い部屋も嫌いじゃない。
波長を合わせるかどうか、の問題な気がする。

暗闇に引きづり込まれるのと、するり溶けていくのは話が違う。

まだまだ停電は続くみたいだけど、ライブハウスは少しずつ元気になってきた。
4月の頭に行うライブ、ブッカーさんに連絡をとったけど、「がっつりかましてやりましょう」という力強いお言葉をもらった。


みんな、くすぶってる。
火をつけよう、胸の奥に。

暗い街を、照らしてやろうぜ。
とにもかくにも、笑っていこう。

みんなの笑顔が見たいです。

次はバンドで。
再開しよう。
必ず。


和賀

LIVE.

昨日は、下北沢で30バンドが日中から夜にかけて、大いに盛り上げてくれたようだ。
二会場往来。
この時期に、という言葉は、もういいだろう。

目撃できなかったことが悔やまれるけれど、本当にみんなお疲れ様。
ありがとう。


こんなにライブのない月は初めてかもしれない。
バントを自分の距離を離さないように、毎日意識している。

LIVE、という単語の意味そのままに。
僕らは息をするように、音を聴いて、鳴らしていたい。

でもそんな風に意識しなくても、頭と体はそこへ向かっていく。

もう、そういう風にできている。
いつの間にか、出来上がってしまった。


今月30日のライブ、今のところ、行います。
僕は、ビックマフを踏みます。
幸喜も、ダディも。
さとるも心のビックマフを、踏みます。

CLUB LINERで、一番大きな音を出します。

耳をふさいだって、君の真ん中まで届けるよ。


高々とグラスを打ち鳴らそう。

前へ行こうぜ。

もう合図は、出てるんだ。


和賀

sun.

日差しが強い。

雲ひとつない空に太陽がぎらついています。
風はやたらと強い。

昨日の夜大体2日ぶりに外に出た。
なんだかいつもより街が暗い気がした。
いや多分、本当に暗かったんだろうな。

日本人の生真面目さには本当に頭が下がる。
電気なんてなくなるもんかって勢いで使ってたはずなのに、使わないって決めたら徹底的に使わない、みたいな。
いまならこっちでも星が見えるんじゃないか。

少しずつだけど、「普段」っていうのをみんなが取り戻しつつあるように思います。
明日は、このまえ参加したwild gun crazyのお馴染みのコンピのレコ発を予定通り行うらしい。

普通にイベントやるのもやっとのこの時期に、ライブハウス2会場で昼から夜までやるってのか、まったくもって彼らしい。

いいんじゃないかな。
大いにやるべきだよ。

ロックロック言うのはあんまり好きじゃないんだけど。

「不謹慎」って、そもそも俺らの得意分野じゃなかったっけ?


こんなに赤々とれらされてるのに、体の中が真っ暗なんで。
どうかしてるぜ、本当に。

口を思いっきりあけて、内臓まで照らしちまえ。

そしたら少しは、楽になるだろう?


和賀

control

リズムが狂っている。どれ一つとっても。

バランスが崩れている。

アンコントローラブル。

みんなはどうだい?

義援も救済も良いけれど、ちゃんと自分を救えよ。

でも自分以外に人がいるってこと忘れないでね。

今は両手を広げて綱渡りをしている。

絶対向こう側に行く。

でも今はとにかく、バランスを立て直す事が必要だ。

俺は僕を、コントロールしないと行けない。

まずはそこからだ。

そこから全てスタートだ。


和賀

Thanks CAVE BE!!

昨日、下北沢CAVE BEにいたすべての人へ、ありがとう。よく来てくれた。

wild gun crazy冬真さん、CAVE BEスタッフ、競演のみんな、お客さん。
無事で何より。

冬真さんはずっと入り口でドアノブ握ってた。
今日は、中止にしたそうです。
賢明な、判断だと思います。
そして、昨日はよく踏み切ってくれたと。

何たって彼は、ライブハウスの人間じゃなくて、個人のイベンターなんだから。
決行も中止も。
いくら彼の体がでかいからって、耐えられないんじゃないかってくらいの責任と重圧があるだろう。

美談にしたいんじゃない。
ありがとうって言いたいだけだから。


じわじわと後ろに下がっているような、そんな気がする。
足下が少しずつ崩れていくような。
みんな、よくわからない不安に包まれていると思うけれど。
このままだと、下がるだけ。

俺は食らいつくように前に、進みたい。
端から見たら、例え後ろに下がってても。

姿勢だけは、曲げないでいたいです。


ライブができなくて、悔しい思いをしているみんな。
腐るなよ。
俺は、俺だけじゃない、知ってるよ。

そのフラストレーションが。光にかわる瞬間を。

着実に、助走をつけようぜ。


和賀

Today's LIVE!!

昨日から引き続き、再び大きな揺れ。

不安は、どんどん積み重なって行く、そんな状態だと思う。
僕も今、個人的にとてもいつもと違う環境に置かれて生活している。

大丈夫、なんて間違えても簡単には言えない状況になってきたと思う。
これは、ごく冷静に周りを見渡して、ね。

でも、今日は、決行します。
いまのところ、という表現にはなってしまうけれど、

下北沢CAVE BE
open 18:30~

今日はLEMONsを代表して僕が出演します。
そして、今日行われるはずだったイベントの香りを、少しでも表現したいと思っています。
今日はいつもの和賀有史のソロではなく、LEMONsとしてやるつもりです。

詳しい事は、今日を選んできてくれた方が、直接目撃してください。

とはいえ、余談は許しません。
タイムリーな情報はtwitter上で更新して行きます。

@LEMONsjp
@yuziwaga

でご確認ください。
大体20時過ぎるかと思いますが、交通の事情もあるので、もし来ようという腹の据わった方は、早めの行動をお勧めします。


そう。
もう腹くくってくしかないよ。
どうなるかなんて、もうわかんないんだったらね。

あえて、言います。
お待ちしております。


和賀

high and low.

残念なお知らせがあります。
3/16に下北沢CAVE BEで行われる予定でしたライブですが、諸般の事情により中止となってしまいました。
言わずもがなこのような状況なので、ご理解ください。

主催の冬真さんはTL上で、かたちをかえて何かしたいと言ってます。
まだどうなるか分からない部分はありますが、僕は一人でも歌いたいと思ってます。
はっきりしたら、こことTL上でお知らせしたいと思ってます。

明日は一体どうなるのか、そんな空気が流れている。
正直この先のライブに付いても、本当にどうなるのか、今は分からないとしか言いようがない。
でも、このまま指をくわえている訳がなくて、みんな何とかしようとしてる。
もちろん僕らだってそうだ。
必ず事態は動く。転がって行く。
だから、見守ってほしいし、応援してください。

僕らが今一番応援しないといけない人達ははっきりしているけれど、でもその中で自分が自分であったり、自分を取り巻く生活やそのあり方を、大事にしよう。
僕らはやるべき事がある。
それは自分が自分として生きる事です。

ずっと安否の確認がとれていなかった友人が、今日やっと無事である事が分かった。
しかも、地元消防団で、消火活動に当たっているそうだ。

その力強い消息に、本当に喜び以上に勇気づけられた。

まだ浮き足立っているのは事実だけれど、しっかり前を見て歩こう。
進んで行きましょう。

明日も節電、精進。


和賀




calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

    

search this site.

sponsored links

mobile

qrcode